レターパック(ライト・プラス)の配達日数、追跡、コンビニ取扱

今回はレターパック(ライト・プラス)の配達日数、コンビニ取扱い等。レターパックライトとプラスの違いと特徴それぞれの違いと特徴を簡単に書くと以下の通り。・プラスとライトの違いは封筒の色(プラス=赤、ライト=ブルー)と販売価格、送ることが出来る厚さ。・レターパックの特徴は追跡ができる発送方法ながらポスト投函可能で、配達スピードが速達とほぼ同じ。追跡番号のあるものだと書留や特定記録もありますが、それだと...

続きを読む

手紙や定形外郵便の配達時間指定が可能に 但し翌朝10時便は廃止

昨日、日本郵便が第一種郵便物(50g以下の手紙、4kg以下の定形外郵便)の配達時間帯指定サービスを新設すると発表しました。(現在は申請段階。総務相と国土交通相の認可が得られれば、2013年10月1日から開始するとしている)詳しくは以下リンク参照。日本郵便 配達時間帯指定郵便の新設等時事ドットコム 手紙も時間帯指定可能に=10月開始へ-日本郵便内容的には手紙(はがきは含まれない)や定形外郵便に所定の料金をプラス...

続きを読む

ポスパケット 宛名伝票シールの書き方 送り方

今回はポスパケット。郵便局が扱う発送方法の中ではかなり地味な存在ですが、料金設定など意外と使えるサービスです。ポスパケットの特徴 ○ 料金が全国均一の360円(*紛失や破損の場合、内容品への補償はなし。但し送料の返還はあり)○ 追跡番号も付くので荷物の追跡が可能○ 長さ 34cm、幅 25cm、厚さ 3.5cm以内、重さは1kg以内とサイズ的に自由度が結構高い○ ポストへの投函も可能○ 着払いもできる(別途着払シールを貼付け。詳...

続きを読む

郵便転送サービス 引越しの際は転居届の手続きを忘れずに

引越しなどで転出する際に手続きをしておくと便利なのが郵便局の転居届(転送サービス)です。転居届・転送サービス申込書 書き方・記入例どこの郵便局にも置いてありますが、この用紙を記入し提出しておくと旧住所(引越し前の住居)に送られた郵便物を自動的に新住所(転居先)へ転送してくれるというサービスです。*この転居届を提出して約3~7日後から転送が開始されます。前もって提出しておいた方が良いですね。*転送期間...

続きを読む

現金書留の書き方と送り方

現金書留とは名前の通り、現金を書留扱いとして送る事ができる唯一のサービスで専用封筒が用意されています。ちなみにお金を現金書留以外で送ると郵便法 第17条違反となるので(特に罰則はありませんが)要注意。現金書留の料金現金書留専用封筒には一般的な定型と大きめの定形外の2種類がありますが、価格は共に21円で郵便局の窓口で販売されています。*以下の封筒画像は2016年2月以前のタイプです。現在は変更され複写式ではあ...

続きを読む

ヤマト運輸 クロネコメール便 B4サイズの取り扱い終了

昨日(5月16日)、ヤマト運輸がニュースリリースで「クロネコメール便A4サイズ一本化のお知らせ」としてこれまで扱ってきたB4サイズの取り扱いを終了すると発表しました。クロネコメール便A4サイズ一本化のお知らせ終了するのは 平成24年6月30日(土) とのことなので1ヶ月ちょっとです。私もメール便を利用しますが、A4サイズがメインでB4サイズの物を送るのは殆どありませんでした。ただ、いざ終了するとなると結構困ります。こ...

続きを読む

速達の出し方、書き方、料金

今回は速達郵便の出し方、封筒の書き方について。速達は文字通りスピーディーに郵便物を届けてくれるサービスで、定型(はがきや手紙)に限らず、定形外、ゆうメールにも付ける事が出来ます。速達 封筒の書き方普通の手紙と同じく宛名および差出人の住所・氏名を記入し、封筒上部に赤線を引きます。(赤線自体の幅等の規定はないので下のような感じなら問題ないです)横書きの記入例縦書きの記入例 縦書きの右側は封筒に「速達」...

続きを読む

≪PREV
HOME