独立開業やってみた その感想など

打ち合わせ

独立開業。誰しも一度は憧れたり、思い描いてみたことがあると思います。
とは言え、誰でもそう簡単に出来るものでもないので今回は独立開業について書いてみたいと思います。

私は長年サラリーマン(ビジネスマンではない そんな高尚と言えるものではなかった)をやっていましたが、独立してやってみたいことがあり、また一度しかない人生、後悔だけはしないように過ごしたいと常々考えていたこともあって数年前に独立しました。

ただ、多くの方はそのように考えてもなかなか実践するのは難しいと思いますが、以前何かで聞いたアンケートでリタイアした方(定年など)がこれまでの人生を振返ってみて後悔していることは何ですか?という問いに対して最も多かった答えは「冒険をしなかった」というのがありました。(ソースは忘れた。私の記憶)
「異性関係」でもなく「勉強しとけば良かった」とかでもなく「冒険をしなかった」です。
この「冒険をしなかった」を言葉通りに解釈すれば、インディ・ジョーンズが頭に浮かびますが、そのままの意味ではもちろんありません。(そのままの意味の人もいたのかもしれませんが)
ここで言うのは「チャレンジをせず、流れに身をまかせた」といったところで会社員なら「独立しなかった」なのではないかと思います。
この「人生を振返ってみて後悔していることは何ですか?」という、どちらかと言えば漠然とした質問に「冒険をしなかった」という回答が多かったということは、多くの方(会社員)が皆考えていることなのだと思います。
一度しかない人生。一度乗っかった安定したレール通りに進むか、脱線(言葉が悪いですが)して自分が敷設した新しいレールに乗って違うルートを辿るかはその人次第です。私がどうこう言う事ではありません。
私の場合も失敗など考えれば難しい選択でしたが、先にも述べた通り後悔はしたくなかったので独立しました。

独立開業のメリットとして私自身が感じたものは以下のようなものがあります。
1.儲けをすべて自分の物に出来る(親の総取り)
2.何の意味もない無意味な会議はない
(結論が出なくても意味があると言う人もいますが、それはその人の自己満足でしかない)
3.ストレスがない(売れない時は頭が痛くなってきますが、人間関係など余計なストレスはない)
4.毎日が楽しくて仕方がない

デメリットは
1.儲けはすべて自分のものに出来るが、裏を返せばリスクもすべて自分に降りかかりる
2.人によってはモチベーションを維持するのが大変かもしれない(叱ってくれる上司はいないので)
3.ある意味、孤独と言えるので人によっては向かないかも(私には向いていますが)

こうして見ると、私の場合はデメリットよりもメリットのほうが大きかったです。
メリットに挙げた「4.毎日が楽しくて仕方がない」は会社員で感じる仕事の楽しさとは別次元のものです。
またメリットともデメリットとも言えませんが、他には「仕事が趣味になった。」というのが挙げられます。
休みはサラリーマンをやっていた時よりも少なくなっていますが、「明日はこうしよう」とか「こうすればもっとうまくいく筈だ」とか「いかに儲けるか」といった事を常に考えるようになり、またそれ自体が楽しくなりました。(会社員の頃からやっとけよ って突っ込まれそうですが)
ただ「いかに儲けるか」ばっかり考えているのは拝金主義者のようで、人としてどうなのかと思われるかもしれませんが、大なり小なり経営者は考えている事だと思います。
デメリットのリスクは付きものの独立開業ですが、これはその人自身の捉え方次第なところがあると思います。

ところで会社勤めでは味わえない楽しさもある独立開業ですが、楽しい事ばかりではありません。
独立開業してしばらく経ちましたが、その間リーマンショックや東日本大震災と大きな出来事がありました。
私個人のことを書くなら、リーマンショックの時には多少ダメージはあったもののすぐに元の売上に回復させる事が出来ましたが、先の東日本大震災は物理面に限らず心理面でもダメージがあまりにも大き過ぎました。
私が扱うものは趣味の物と言える物のためか、震災後の冷え込んだ消費者心理としては真っ先に削られた分野でしたが、実感としては明らかに空気が変わったように感じます。(購買意欲・消費行動のパターンなど)
実際、私自身も以前のように衝動買いはしなくなりましたし、買い物に出掛けて品物を手にしても本当に必要か考える癖がつきました。
そして過度な円高(最近は円高も幾分収まったように思いますが)や、最近ではエルピーダメモリが会社更生法の適用を申請するなど日本を取り巻く環境は厳しく、誰もが閉塞感を感じていると思います。
独立開業に限ったことではありませんが、このように自分自身の内的要因ばかりでなく、経済状況などの外的要因に振り回されることもあります。
しかしマイナスな外的要因であってもピンチをチャンスと考えることが出来ればそれは大きく違ってきます。

最後になりましたが、私自身が独立開業するにあたって大切だと感じた事柄は以下の3点です。

 1.綿密なプランの検討
 2.強い信念を持つこと
 3.1.綿密に練ったプランで、2.強い信念があるなら、簡単に諦めてはいけない

こうしてみると在り来たりな事かもしれませんが、これらは多くの経営者たちが言っており、漠然とその言葉の意味を分かっていたような気がしていましたが、最近その言葉の持つ意味が私にも分かってきました。
独立開業したからこそ気が付いたのであって、そうでなければ気が付かなかったかもしれません。


偉大な経営者と呼ばれた人たちの、この記事に関連する名言

アンドリュー・カーネギー 鉄鋼王 
 「成功者は必ず自分がやりたいことを仕事にしている。」

ウォルト・ディズニー 言わずとしれたディズニー ミッキーマウス生みの親
 「夢を追う勇気さえあれば、すべての夢は叶えられる。」

スティーブ・ジョブズ アップル共同設立者
 「私がこれまでくじけずにやってこれたのはただひとつ。自分がやっている仕事が好きだというただそれだけなのです。」


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。