ネットショップ 特定商取引法に基づく表記について

特定商取引に関する法律(特商法)というのを耳にしますが、訪問販売法と呼ばれていた法律が2001年から名称変更となったものです。

特定商取引に関する法律については 消費者庁のホームページ に以下のように書いてあります。

購入者(消費者)保護を目的とした法律で•訪問販売、通信販売、連鎖販売取引等といった消費者トラブルを生じやすい特定の取引形態を対象として、消費者保護と健全な市場形成の観点から、特定商取引法を活用し、取引の適正化を図っています。

具体的な内容としては以下の通りです。
 誇大広告の禁止
 表示すべき事項の義務化(下の"特定商取引に基づく表記"記入例参照)
 顧客の意に反して売買契約の申し込みをさせる
 代金の受け取り後、1週間に商品を発送できない場合は文書などで通知することの義務化

これらの事項に違反した場合は逮捕されます。
なお逮捕と書いていますが、あくまでも個人的な見解としては顧客に特に大きな被害をもたらす場合のようです。
おそらく表記忘れなどの場合は、まずは何かしらの警告などがあるのだと思いますが。
最近の具体的な特定商取引違反の事例としては以下のようなものがありました。

2012年2月
 新聞の購読契約でクーリングオフの記載がない契約書を渡したり、強引な勧誘をしたとして
 特定商取引法違反(不備書面交付など)の疑いで、新聞販売店運営会社社長と従業員を逮捕~

2012年3月
 ネット上の店舗で個人が業者に代わって商品を販売するドロップシッピング商法を巡り
 もうかると約束して契約者から現金をだまし取ったとして、警視庁生活経済課などは
 インターネット関連会社 元社長を詐欺容疑で逮捕~


さて、ネットショップなどがホームページを使って商品を販売する場合には「特定商取引に基づく表記」を表示する必要がありますが、相手に安心感を与えるためにも最低限の事項だけでなく、詳しく・漏れなく記入したほうが良いでしょう。
実際に表示するにあたっては所在地や返品方法などをご自身のホームページに表示するだけですが、具体的な記入事項としては以下のようなものがあります。


特定商取引に基づく表記 (記入例)
会社概要

◎販売業者名 
  pepetome商店

◎代表者・販売責任者(担当者)名 
  佐藤 留太郎

◎所在地 
  〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 

◎連絡先(電話番号など) 
  電話:03-1234-5678 FAX:03-1234-6789 メールアドレス など

◎商品以外に掛かる料金 
  送料、代引手数料、振込手数料 など

◎支払い方法 
  銀行振込、代引き、クレジットカード決済 など

◎商品の引渡しについて 
  入金確認後5日以内 遅れる場合(1週間以内に発送できない場合)はメールにてご連絡致します など

◎不良品について 
  不良・破損の場合、商品到着日より7日以内~ 云々

◎返品・交換について 
  商品到着日より7日以内~ 云々

◎その他事項など 
  事業内容、古物商許可証があればその番号等、休業日などの記載など

上記以外に何かしらの連絡事項などがあれば付け足してください。
これらを記入したページに「特定商取引に基づく表記」などタイトルを付けて、ご自身のホームページのトップページなどから分かり易くリンクさせれば完成です。

当ブログの 「特定商取引に基づく表記」 に関連する記事
ヤフーオークションに出品する場合の特定商取引法に基づく表記について






関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。