洗面所の床の張替え リフォーム事例

洗面所の床張替えリフォームを行う


家の築年数が古くなってくると、あちこちに不具合が出てきます。
思い切って建て替えが出来れば最高なのでしょうが、そこまでしなくてもリフォームでかなり快適になります。
以前、我が家でリフォームをしたのですが、その際に工事過程を写真で撮っていたのでその時に思った事などを写真を交えて何回かに分けて書きたいと思います。
今回は洗面所の床の張替えについて。


洗面所・床張替えリフォーム前の様子


洗面 床 張替え前関係ないものが写っているので見づらいかもしれませんが、これまで床材はビニール製の物でした。
築年数が約30年で、洗面所という水廻りに関係する部屋のためか、写真に写っていない部分には水の影響による床材の反り返り(剥がれ)などがありました。

以前から取引のあった業者さんに床張替えのフォームをお願いしたのですが、こちらとしては床を木(フローリング)にするのが希望だったものの、その業者さん曰く、洗面など水廻りに関係する場所の床をフローリングに張り替えるとお風呂を出た際の水気で数年経たないうちに床にシミが出たり傷みが出てくるのであまりお勧めできないとのこと。そのため、床材を木目調のビニール製の物にしました。
(我が家のトイレはフローリングなのですが、どうも結露が多少出るのか、確かに床に水シミと思われるシミが出ています。)

ただ、ビニールで木目調という床材がピンとこず、張替え後にどんな仕上がりになるのか想像が付かず若干の不安があったものの、張替え完了を目にした時の家族の開口一番が「すごくイイ!」でした。(写真は下にあります)
私も住設関係の仕事をしていましたが、リフォーム専門で相当な数をこなしている方の意見は貴重です。
やはり信頼できる所にお願いするのが重要なのだと思ったのは言うまでもありません。


工事開始 床材を剥しコンパネを貼った状態


洗面 床材 剥がし a 洗面 床材 剥がし b
貼ったと書いていますが"のり"で貼った訳ではないですよ。
やはり築30年になるので、洗面所の床がベコベコするというか"しなっている"感じがありましたが、コンパネを敷いたのでそういった事もなくなりました。
ちなみに内装の張替えもついでに行いましたが、こういったリフォームを行う際は関係する場所(今回は洗面所の床張替えだったので内装の張替え)もまとめて行うとリフォーム料金を節約できます。


床の張替えリフォーム完了


洗面 床 リフォーム後 b 洗面 床 リフォーム後 a
写真を見てもビニール製には見えないと思います。床面と壁面の境もコーキングしたので完璧。
質感は非常に良くリフォームを生業にしている方なら分かるかもしれませんが、そうでない方(私も含めて)には目を凝らしてもビニール製とは分からないと思います。
またビニールのためか感触に僅かな柔らかさもあり、触り心地(踏み心地)も非常にいいです。
フローリングだとこの柔らかな感触は味わえないのではないかと思いますが、洗面所やキッチンなど水廻りの部屋に限らず居間や子供部屋などにも良さそう。

以上、洗面所などの床の張替えリフォームを考えている方の参考になれば幸いです。


関連記事
リフォーム事例 洗面化粧台の交換 タカラスタンダードの場合
風呂場・浴室のリフォーム事例 タカラスタンダードのユニットバス エメロード

PR 全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。