LEDシーリングライト照明 取替え・交換の感想など

これまで環境のために節電とは頭の中にあったものの今年は震災の影響もあってどなたも節電を強く意識した年になったと思います。
今夏はニュースなどで予測電気使用量が毎日のように流れ、私のところもエアコンの使用を抑えたり、こまめに照明を消したりしました。
今年8月の調査データではありますが、よみラボ(J-MONITOR(読売新聞モニター)調査によれば、電のために購入したい物としてLED電球を挙げた方が圧倒的に多かったようです。
ちょうど我が家の照明が古くなってきたため、LEDの照明を設置しました。
参考になるかは分かりませんが、使用してみた感想などを述べたいと思います。

我が家で設置した東芝ライテック E-CORE LEDシーリングライト (照明点灯前)
toshiba led01

丸型のモデルや他メーカーのモデルも比較したのですが、それまで使っていた物と同じく角型だったことや実際に目にした際にこのモデルがカッコ良かったのでこれにしました。(大きさは"8畳おすすめ"タイプ)

我が家のこれまで付いていた照明が 引掛シーリングボディ ではなく(このタイプだと簡単に交換できる)
電気配線が直結されており、自分でやって壊れたら嫌だったので電気屋さんに取り付けをお願いしました。

引掛シーリング参考写真 (引用元 東芝ライテック株式会社)
Toshiba11.jpg
*各種形状があるので取り付けの際にはご確認下さい


取付完了後、照明点灯の写真
toshiba led02 toshiba led03
照明点灯中 光色・白色                   照明点灯中 光色・電球色

カメラで撮影する際に調整せずそのまま撮ったので光の具合で暗くなってしまいましたがなんとなく感じは分かるかと思います。
*明るさを最大にしたところ、うまく撮影できなかったため、それぞれ明るさをかなり落として撮影しています。

実際に使用した私なりの感想をいくつか述べると、

○大きさなど手にした感想
大きさは以前使っていたものに対して、縦・幅共に15cmぐらい小さく非常に軽いです。
それぞれのご家庭で使っている照明によると思いますが、大きな物を使っている場合、このように小さくなるので場合によっては天井にこれまでの照明の跡(汚れなど)が出るかもしれません。
(我が家の場合は特に気になるような跡や汚れはありませんでした)
また、このLED照明を眺めてみると照明自体が密閉されています。(カバーの取外しはもちろん出来ます)
照明のカバー内に虫が入って気になることがありますが、密閉されているため虫が入ることもなさそうです。
LED照明の売りである長寿命(この製品の場合、10年間長持ちとなっている)と合わせて照明のカバーを外して虫を取ったり電球の交換をしないで済みそうなのでこれは良いかもしれません。

○使い方など
これまでは壁スイッチで点灯・消灯をするだけでしたが、この照明の場合リモコンを使うと上の写真のように光色や明るさも調整できます。
この調整幅が広く、かなり細かく調整できるのでお好みの具合に調整できます。
これまで壁スイッチの照明を使っていたことや、取り付けたばかりのこともあり、リモコンで点灯・消灯はもちろん細かく調整できるのは非常に便利です。
(いずれ慣れてしまうとそれが普通になって気にもならなくなるかもしれませんが)
これまで、夜中に一人でテレビの映画を見てる時などはそのまま照明を点けていましたが、このLED照明は明るさを調整できるので、今は一人の時には照明の明るさを落として使っています。
これで更に電気代も安くなるのかもしれません。

○明るさなど
光の色を白や電球色に変更できるのはLEDのメリットである消費電力と同じくらい良いです。
ただ、かなり細かく調整できるためずっと調整していると訳が分からなくなってきます(笑)程々に。
LEDは物によって暗くなるといった事を耳にしたことがあったので、実際に取り付けてみてどんな感じになるのか、ちょっと不安も僅かにありましたが、明るさも以前使っていたものと比較しても特に変わらなく満足しています。

満足のいく買い物でしたが、あえて言うならこれまで我が家で使っていた照明の側面が透明のプラスチックで天井寄りの四方も明るかったのですが、今回買った物は照明自体の四隅がプラスチックで覆われており照明の側面から光が漏れ出ないのため、天井寄りの四方(四隅)が若干暗いかなと取付後一番最初に感じました。
東芝ライテックのホームページに「明るさ感と照度分布」の写真が載っていました。
下のような感じです。

Toshiba22.jpg
今回、我が家で取り付けたのは左のタイプ

言葉で説明するよりも上の写真を見て頂ければ一目瞭然ですが、床面や壁面に対して天井寄りの四方(上の写真だと三方)の壁面が僅かに暗く感じると思います。
ただ、最初は「天井の隅のほうがちょっと暗いかな」と感じましたが、毎日使っていると気にならなくなります。いわゆる慣れってやつですね。

今回購入した東芝ライテックはCO2削減への取り組みとして白熱電球の製造を中止するという方針を打ち出しました。
また国によってはCO2削減の観点から白熱電球の生産・販売を法律で規制する動きも出ています。
もし、この記事をご覧の方でエコに関心があったり電気代を節約したいとお考えならば、このようなLED照明を導入するのも手だと思います。


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。