ヤフオクとebayのユーザーを比較すると...

a0001_014246-rem.jpg

先日インターネットでニュースを見ていたら以下のような面白そうな記事がありました。

「J-CAST ニュース 2ちゃんねらーは「高齢で低学歴」 グーグル「Think Insights」に暴かれてしまった」

すでに見た方もいると思いますが、GoogleのThink Insightsと言うサイトで訪問者の年齢、学歴などが見られるということを紹介した記事です。
私はネット関連の物に特に詳しい訳ではないのでThink Insightsというものを初めて知りました。
興味が湧いたので試しにオークションサイトを見てみました。

まず、ヤフーオークション。
ヤフオクに出品している身としては、どんな方が実際見ているのかと言うのは興味があります。
推定値ですが、ユニーク ユーザー数やサイトの平均滞在時間までが見られます。
このあたりの数値と言うのは「へー、そのくらい見てるんだ」ぐらいにしか思いませんが、その下に年齢、学歴、性別、世帯年収があります。これはちょっと興味があります。
ヤフーオークションの場合、30代男性が一番見ていると聞いたことがありましたが、年代別に順位を書くと以下のようになっています。

1位 35~44歳 55%
2位 45~54歳 21%
3位 25~34歳 8%

35歳から44歳までの人が全体の55%を占め、また性別を見ると男性が全体の75%を占めています。
学歴や世帯年収も確かに見られますが、これは大きなお世話ではないかとちょっと感じました。
ちなみに収入は300万~499万ぐらいの方がもっとも多くなっています。
世間一般としては、業績を伸ばすために女性を狙った商品開発やマーケティング戦略を取ることが多いですが、ヤフオクに関しては30~40代の男性をターゲットにしたほうが良いことが分かります。


次に ebay 。
さすがに世界的なオークションサイトのためユニーク ユーザー数はヤフオクに大きな差をつけています。
更に見ていくと実際に見ている人の傾向はヤフオクとは微妙に異なっています。
ヤフオクの場合、年齢は35歳から44歳が過半数を占めていましたが、ebayの場合は35~44歳と45歳~54歳がそれぞれ29%で拮抗しており、また、男女の割合はちょうど半々になっています。
学歴を見ると「大学」がもっとも多くなっていますが、これは大学生と見れば良いのでしょうか。
更に世帯年収を見るともっとも多いのは300~499万(日本円換算)とヤフオクと変わりませんが、1000万越えの方がヤフオクは6% なのに対しebayは20% を超えています。
それだけお金持ちの方が見ているのでしょうか。だとするならオークションで物を売るなら断然ebayのほうが有利。


Google Think Insightsで見られる項目は限られていますが、こうして比較してみると興味深いことが分かったりします。興味のあるは一度見てみてはいかがでしょうか。

Google Think Insightsのリンク
*現在は上のリンクから見られなくなってしまいました。残念...


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。