アパート経営 儲かりますか?

古いアパート

私が住んでいるところや仕事場に使っているところは住宅街のためかアパートなど賃貸物件を新規に建てているところが結構あります。
アパート経営をやったことがない自分が言うのもなんですが、そんなにアパート経営って儲かるのだろうかといつも思います。
土地持ちの方であれば、農作放棄地や空き地などそのままにしておくのは勿体ないと思いますが、最近はサラリーマン大家などと副業でやっている方もいるようです。

私の知り合いでアパートの大家さんや賃貸の物件を何件か所有している方の話を聞いたことがありますが、最近はなかなか厳しいと二人とも仰っていました。
アパートの大家さんの場合、6棟ぐらいを所有していますが、それなりに新しい物件は8割から10割(満室)が埋まっているとのことでしたが、築年数が20年以上の物などは全然駄目だと言っていました。
(実際物件を見たことがありますが、8世帯のアパートで入居しているのが1世帯のみとかありました)
後者の賃貸物件(一戸建て貸家を数棟所有)の大家さんのところは建物の築年数が古いこともあり殆ど空き家でした。

確かに私自身も部屋を借りるなら新しいほうが良いですが、多少古くても家賃が安ければ需要はあるように思います。
ただ、大家さんからすればそれなりのお金を使っているのでしょうから家賃の引き下げには二の足を踏んでいるのだと思います。

とは言え、新規のアパートでも殆ど人が入っていないところも見掛けます。
他人事とは言え、大丈夫なのだろうかと思うところもあるのは事実です。
供給過剰なのではないかと思いますが、立地が便利なところや建物周りがきれいに整理整頓されている物件などは多くの場合、順調に入居しているように感じます。

ちょっと関係ありませんが、部屋を探す時はこの整理整頓されているかと言うのは非常に大切です。
ゴミ捨て場や共用部分などきれいに整理整頓されているところは築年数に限らず良い物件だと思います。
その逆の場合は止めたほうがいいと思います。

アパート経営と言うとお金持ちの地主さんなどがやるものだと思っていましたが、ロバート・キヨサキの金持ち父さんのように投資のひとつとしてやる方もいます。
アパート経営に限ったことではありませんが、事を始めるには前もって綿密な調査や勉強が必要ですね。



関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。