オークション用 写真撮影セットを作る

前回の オークション用 写真撮影にあると便利なもの に引き続きオークション用 写真撮影ブースの作り方をご説明したいと思います。

まず用意するもの
○ダンボール箱(スーパーなどで無料で貰えます。)
○画用紙 または フェルト(背景に使います。無地の物であれば構いません)
○スーパーなどで貰えるビニール袋(白いもの)
○セロテープ または ガムテープ少々

お金が掛かるとすれば、画用紙(フェルト)ぐらいだと思いますが、フェルトであればダイソーなどの100円ショップで安く入手できます。

hako a ダンボール。
 扱っているものによりますが、
 幅(間口)は40cmぐらいあった方が良いと思います。
 小物であれば小さいダンボール箱でも構いません。

etc e 今回は画用紙を使っています。

etc c スーパーでもらえるビニール袋

etc d ビニール袋を左のようにカットします。
 このビニールで照明の光を和らげます。

hako c ダンボール箱の幅の広いほうをカットします。

hako e カットした部分に先のビニールをかぶせ、
 セロテープなどでとめます。

hako f 画用紙を背景に使おうと思いましたが、
 長さが足りなかったので1枚半ぐらい使いました。

hako g 小さな物を撮影するのであれば問題ありませんが、
 ある程度高さのある物を撮影すると
 画用紙の継ぎ目が写ってしまうので
 長さのあるフェルトのほうが良いかも知れません。


set.jpg
 完成です。簡単に作れます。

写真の物はダンボール箱の内側側面がダンボールのままですが、出来れば側面も白い紙などを張ったほうがより良いです。


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。