オークション用 写真撮影にあると便利なもの

オークション出品に必要な写真。結構撮るのが面倒なものです。
さて写真撮影にあると便利な物は多々ありますが、その中でもまずは三脚があると便利。

verc f
私が使っている三脚

ある程度高さがあるものでこれが一番安かったので買いました。
足に何か付いていますが、これは足が折れてしまったため割り箸を巻きつけて補修。
新しく買えばいいのですが、なるべくお金を掛けたくないのでそのままです。
最近のデジカメには手ぶれ補正なる便利なものが付いていますが、私のは10年ぐらい前の物なのでそんな便利なものは付いていません。
しかし、この三脚があれば手ぶれすることもまずなくなります。

IMG_6051.jpg
こちらはミニ・三脚。結構便利。
この手の三脚はネットで探せば安いものは300円ぐらいからあります。


次に照明。

light.jpg
私が使っているクリップ式の照明

素人の私が言うのもなんですが、照明も重要です。
自然光だけだとやっぱり物足りなく、照明がないと暗くなってしまうため、あった方が良いです。
(フラッシュをたくよりも、照明をつけたほうが良いです)
私が使っている物のように、クリップ式の物だと便利です。
電球は蛍光灯式で買ってからかなり経ちましたが、一度も電球は替えていません。
明るさも良いし、経済的です。

kan a kan b
べジータです。それはさておき、左が照明なし・右が照明ありです。
やっぱり照明を当てたほうが良く見えます。背景にも気を使えばもっと良くなりそうです。


他にはこのような物があれば便利。

etc a etc b
左はレフ板で対象物に光を反射させます。
ダンボールにアルミホイルを貼っただけの簡単なものです。

右の物は一見なんだか分かりませんが、写真に撮る物が反射する物の場合に使います。
オークション用に写真を撮ったことがある方なら分かると思いますが、撮影の際、品物に自分が写りこんでしまうことがあります。
そんな時にこれ(ダンボールに白い紙を貼ったもの)の穴が開いている部分からカメラのレンズを覗かせ撮影します。そうすれば自分が反射して写りこむのを防げます。
ちなみのこの裏側は黒い紙を貼って使い分けています。
両方とも家にあるようなものでお金を掛けずに作れますので、これまた経済的です。

右のダンボールに紙を貼った物については補足記事を書きましたのでそちらもご覧下さい。
オークション 写真の撮り方・コツ 映り込み防止

最後に写真撮影セット(撮影ブース)。
撮影ブースというと仰々しいものかと思うかもしれませんがこれもお金を掛けずに作ります。

set.jpg

よほど大きなものを撮影する訳でなければ(小物なら)この写真のようなものでかなり良くなります。
kan a kan d

左がそのまま撮影したもので、右側がこの撮影ブースに照明を当てて撮影したものです。
ご覧のように全然違います。素人の私でもそれなりに良く撮れていると思います。
フォトショップなどの画像加工ソフトがあれば更に良くなると思います。(私は持っていませんが...)

この撮影ブースの作り方は、以下リンクをご覧下さい。
オークション用 写真撮影セットを作る

写真撮影自体が面倒ならこんなサービスも
1カット280円から!業界最安値の商品撮影サービス


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。