国際郵便・海外発送の関税

財布の中は1円のみ

関税とは、おもにその国の産業保護を目的として輸入品に課される税金。
もっともらしく書いていますが、私も良く分かってないです。
詳しくは財務省 税関のホームページを見てもらったほうが正確だと思います。
ただ、実際見てみるとなんだか目が疲れて頭が痛くなってきます。
私だけではないはず...
関税の専門家ではないので、あくまでも私の経験則を書きます。

海外のサイト(ebayなど)で品物を購入し日本へ送ってもらう場合、おおよそ1万円を超えるものは関税が掛かっているようです。(品目による。ちなみに革靴は高い)
私が以前ebayで落札したものを参考までに書くと日本円換算で約 14,000円の品物で、合計 800円を支払いました。(消費税+地方消費税= 600円、通関料= 200円)
支払は配達の方が「税付き小包でーす」とか言って配達してくれますのでその際にその場で払います。


また海外に荷物を送る場合の相手国での関税については具体的な金額は国によって違うのでなんとも言えませんが、いくつか落札者とのやり取りで言われたことを書きます。

ドイツの落札者の場合は、日本円で 8,000円ぐらいの物に、約 2,000円の関税が掛かったと言ってました。
また、その時には40kmぐらい離れた税関事務所まで支払にいったとのことでした。

イギリスの落札者の場合は、日本円で 12,000円ぐらいの物に、約4700円の関税を払ったとのことでした。
これは高過ぎる...

このようにヨーロッパは関税がかなり高めのようです。


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。