道路に車に轢かれた猫の死骸... が、まだ死んではいなかった...

獲物を狙う猫
*猫好きな方は閲覧注意かもです。


先日ドライブしていたら前方反対車線上に結構大きな白い物体が。
「何?アレ...?」と一瞬思ったのですが、近づくにつれ車に轢かれた猫だと判明。

よくある光景と言うか、猫って獲物を見付けると車が来てるとか周りの状況お構いなしに飛び出してくるので、そんな状況で轢かれた猫が道に転がっているのかなと思ったのですが、どうも轢かれた直後だった模様でまだ生きています。

「生きてるなら手を貸してやれよ」って思う方もいるかもしれませんが、あれは無理。
だって、血みどろの頭がありえない方向に曲がっていて(良く見なかったので分かりませんが頭の一部は吹っ飛んでなかった)、獲物を狙って飛び出した瞬間の走っているかのように手足を動かしてグルグル回ってる。

イメージ的にはこんな感じ。

猫のシルエット a-640
実際は走っている姿でしたが適当なフリー画像がなかったのでこれ。
で、お腹のあたりを軸にして矢印方向にグルグル回ってる。例えると風車というか、ルンバが回っているような感じというか。
ただ、このシルエットだと頭がありますが、先にも書いた通り私が見たのは頭があるところになくて明後日の方向に向いていて凄まじい勢いでグルグル回っています。あれが断末魔なのか。
いや、轢かれる直前の記憶が残っていて(獲物だ!捕まえろ!的な)手足をじたばたさせて獲物まで走っていたのかもしれない。

そんな猫を横目に「あれは助けるよりも逆に止めを刺してあげたほうが猫のためかもしれない。切腹する人に介錯人が付いて苦痛を和らげるようにさ。」など考えながら通り過ぎたのですが、ふと見ると一人の女性がその猫を凝視しています。
ひょっとすると轢かれる瞬間からずっと見ていたのかもしれませんが、人間ってあんなに青ざめた顔をするのかというくらい青ざめた顔で全身を硬直させて断末魔の猫を見ていました。
そんなに見てたらトラウマになるぞ本当に。

そんな事がありました。



関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。