アルコールチェッカーって酒を飲んでなくても反応するんですね

運送業界もなかなか厳しいらしい

 
私の知り合いに運送業を営んでいる人間がいて、先日いろいろ話したのですが、人手不足、競合他社との競争、運賃面など色々と厳しい業界らしいです。
こういった話ってニュースでも見聞きしますので知ってはいましたが、実際に運送業を営んでいる人間の口から聞くと本当なんだなと実感します。
さて、この業界は数年前(平成23年4月1日)から飲酒運転の撲滅を目指し、アルコール検知器によるアルコール検査を毎日必ず行っているとの事。
煩わしいとの事でしたが、確かにあれだけ大きいトラックの運転手が飲酒運転していて突っ込んできたらこちらは一たまりもないわけでやって当然だろうなとは思います。
画像はイメージでAmazonで販売されているもの。知り合いもこういったハンディタイプの物を使っていました。(画像のものとは違うメーカー製だった)

で、目の前にアルコールチェッカーがあると試してみたくなるもので実際に私もフゥーって息を吹きかけてやってみたのですが、アルコール反応が出て見事検知してくれました!

知人
「お前、俺が警察でこれが飲酒運転の検問だったら完全アウトで言い逃れできんぞw 俺が警察でなくて良かったな!警察でなくてもうちの社員だったら減給ものだぞ、おいw 実際○○(大手宅配業者)の社員だったら減給されるからね。良かったな!」


「すごいな、これ! うん? あれ...? ちょっと待て」


酒を飲んでないのにアルコールチェッカーが反応する...


いやいや、ちょっと待て。私は今日はもちろん、昨日も酒は一滴も飲んでいない。
知人に酒は一切飲んでいない旨を告げると「そんなこと言って昼真っから酒飲んでるんじゃねーの?」とのことなのでもう一回アルコールチェッカーで調べてみるも再びアルコール反応が出る。

知人も「酒を飲んでいなくても稀に誤作動することがあるみたいだけど、性能はかなり良いから僅かでもアルコールが残っていれば間違いなく出るからね、これは。」との事。
いやいや、だから飲んでないってば。

知人曰く、リステリンとかの洗口液もアルコールが入っているみたいだから反応するけど、その場合は口をゆすげば反応しなくなるとのことだったのでうがいをするもやっぱり反応する。
結局、10回ぐらいやっただろうか。0.19とか表示されアルコール反応はずっと出っ放し。おまけにその間、花粉症が酷くて鼻水も出っ放し。
*0.19(単位はmg/l。)だと酩酊状態。完全な酔っ払い。

酔っ払い
最近見かけなくなった酔っ払いの図

でもやっぱり納得がいかない。だって酒は飲んでないもの。
で、花粉症で鼻水が止まらないのをティッシュでカミカミしながら再度アルコールチェッカーで検知してみると今度はアルコール反応が出ない!
よし、私は嘘をついてないのだ!なんなのこの人、人のこと昼間から酒に溺れた人間みたいな目で見て。

知人も急にアルコール反応が出なくなったのには驚いたようで「アルコールが残っていれば急にアルコールが抜けることはないんだけど...なんだったんだろうね...」と不思議そうな顔をしてましたが、それはこっちのセリフ。
私自身も原因が分からず仕舞い。その時は洗口液は使っていなかったし、アルコールを含む食品・食材も口にしていなかったし。これはホント不思議としか言いようがない。


アルコールチェッカーが反応した原因は意外なものだった


自宅に帰ってからもアルコール反応が出たのが不思議でならなかったのですが、そう言えば何度も鼻をかんでから反応が出なくなったのに気が付き、それで私が花粉症対策として使っているナザールスプレーが頭に浮かびました。

これは鼻が詰まったときにシュっとスプレーすると鼻づまりを解消してくれる優れものなのですが、調べてみると添加物としてフェニルエチルアルコール、ベンジルアルコールが入っています。
むむ、アルコール?これだ!(ちなみにこの知人に合う約30分前に使った)

ナザールスプレー

参考資料
佐藤製薬 ナザールスプレー 添付文書
(〔成分・分量と働き〕100mL中の添加物の項参照)

で、更に調べると以下のリンク先のアルコールチェッカーの測定結果に影響を与える物質のうち、濃度表示に影響が出る可能性が高い物質としてナザールスプレーにも入っているフェニルエチルアルコールの名前が。

参考資料
アルコールチェッカの測定結果に影響を与える物質(PDF)

なるほど、何度か鼻をかむことで鼻の内部に残っていたナザールスプレーの成分であるフェニルエチルアルコールが流れ出てアルコールチェッカーが反応しなくなったと考えると合理的です。鼻と口は繋がっていますしね。
そうだとするならナザールスプレーの添加物であるフェニルエチルアルコールがアルコールチェッカーに反応していたのはまず間違いなさそうですが、こういった薬にも誤作動ではなく反応して検知するアルコールチェッカーって優れものと言えば優れもの。

しかし、これはナザールスプレーを使っている人からすると困ったもの。
飲酒運転の検問でアルコールが検知された時におまわりさんがナザールスプレーが反応したとして何度か鼻をかみナザールスプレーの薬液がなくなってから再検査をさせてくれれば良いですが、そうでなければアルコール反応が出ている以上、言い逃れは出来ないと思います。
ナザールスプレーを使っている方は多いと思いますが、車を運転する時は要注意かも。

関連記事
佐藤製薬 ナザールスプレーを花粉症の鼻づまり対策に使う


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。