自転車通勤用にワークマンのSIVER SQUALLなるレインコートを購入

今回はワークマンで買ったレインコートの感想。

自転車通勤・通学で気になるのはやっぱり雨の日ですが、日本は雨の割合が多いものの1年中雨が降っているわけではないのでこれまで一番安いビニール製のレインコートを使っていました。

安いビニールレインコートa

こちらは私がこれまで使っていた800円ぐらいのビニール製のレインコート。あのペラペラなやつです。上着とズボンがわかれているレインコートだとこれが一番安かった。
コート状のレインコートだともっと安いのですが、あれを着てドシャ降りで自転車を乗ると下半身がびしょ濡れになるのでやっぱりズボン付きの物の方がいいですね。
この手のレインコートは値段が安いのが魅力ですが、場合によっては2~3回着ると腋の下などが切れてきます。

脇が切れたのでビニールで補修 肩にも穴が
これまで使っていたビニール製のレインコート。
すでに腋の下が破けているのでビニールにボンドで塗ったものを貼って補修しています。みすぼらしい...
右のように肩部分にも穴が開いています。これではレインコートの意味がないですね...と言うか、安いんだからある程度使ったら買い換えれば良いのですが。

ペラペラです 縫い目は溶着されています
こうしてみるとホントぺらぺらです。
この手のレインコートは縫製で縫い目を合わせるのではなく溶着してるのであまり強度は出ないのかもしれませんね。ビニール自体も厚みのないペラペラな物ですし。

そして、こちらが今回買ったレインコート。
新しく買った雨カッパ ワークマン SILVER SQUALL
作業服・作業用品のワークマンで買いました。SIVER SQUALLと書いてあります。
こちらは3千円ほどのレインコートですが、さすがに800円の物とは違います。
そう言えば、これまで買ったレインコートのなかで最も高かったかも。

背中には反射材 メッシュ
背中部分には反射材が付いています。
当初、汚れが目立たないように黒っぽい物を買おうかと思ったのですが、車に乗っている側からすると夜間黒っぽい格好をしていると見え難いので反射材が付いたシルバーの物をチョイス。
裏側は上下ともメッシュになっているのでレインコート特有の体にペッタリ付く(べた付く)感じもないです。

腕 ベルクロ付き ズボン裾 ベルクロ付き
上着の袖口とズボンの裾口はベルクロが付いて調整できます。

ミシンで縫製されています 力の掛かる腋下は二重で縫製
縫い目はミシンで縫製されており丈夫です。
力の掛かる脇下は二重でミシン縫製されているので切れたり破けたりもなさそうです。

上着裾は紐で調整 ボタン付きのポケット
上着の裾は紐が入っており締めたりの調整できます。
私はレインコート着ると暑いので風が通るように締めずに着ています。
右はボタン付きのポケット。安物はフタが付いているだけですが、こちらはボタンが付いています。

収納袋
収納袋つき。

このレインコートを雨の日に着て実際に感じた感想は、裏側がメッシュでべた付く感じもなく良いです。安物で我慢せず早く買えば良かったと思いました。
個人的にはレインコートで3千円というのは高いかなと思いましたが、自転車通勤・通学だと着る頻度も高いと思うので、安物を頻繁に買い換えるよりも長く使えそうで結局は安上がりなのかもしれません。(自転車の傘さし運転は危ないので論外)


2014年6月補足
このレインコートを買って1年半が経ちましたが、破れたりもなく快調で長い目で見れば安い買い物だったと感じています。


最終更新日 2014年6月20日


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。