Picasa 使い方も簡単でおすすめの画像加工ソフト

Picasaは使いやすい


写真(画像)を加工するのにペイントを使っている方は多いと思いますが、私はGoogle が提供している 無料の Picasa のほうが使い易いので Picasa を使っています。基本的にお金を掛けないのが私の信条(?)なので Photoshop などのソフトは使いません。

Picasa のホームページ(画像クリックでPicasaへジャンプ)
picasa トップページ
画像に文字を入れる場合(無断転載防止の"透かし"など)、ペイントだと文字を入れた際の位置調整がやり難いですが(かなりピッタリに合わせないと反応しないのでイライラすることがある)、Picasa の場合はそのあたりがもっとアバウトで使い易いです。
Picasaは文字を入れる以外にもかなり使えるのでおすすめの画像加工ソフト。

Picasaのダウンロードは簡単で、ホームページの「Picasaをダウンロード」をクリックすればダウンロードが始まります。


Picasaで画像に文字を入れる


以前、写真・画像の著作権について 書きましたが、画像に透かし文字を入れるのも無断転載を防ぐのに効果があります。

paintとpicasa比較
参考までに「pepetome」と入れましたが、左がペイント、右が Picasa 。
ペイントの場合は"いかにも"な感じになってしまいますが、Picasa の場合は半透明にしたり斜めに出来るので、それっぽい感じでカッコよく見えるのではないかと思います。


picasa 001
Picasa 編集画面

Picasa を開くとパソコン内の画像が読み込まれ、上のように一覧が表示されます。
加工する画像をクリック。


picasa 002
画像をクリックするとこの画面が開きます。
左側のアイコンでいろいろな調整・加工が出来ます。


picasa 003
テキストをクリックします。


picasa 004
すると、選択した画像の上に「お好きな場所に入力してテキストを追加してください」と出るので適当な位置でクリックして文字を入力します。なお、左の「テキストを編集」と書いてあるところで文字の色やフォントの変更が出来ます。
実際に使って頂ければ分かるかと思いますので細かい説明は省きます。


picasa 005
pepetome と入力しました。


picasa 006
入力した文字(枠)にマウスを乗せるとダイヤルが表示され斜めにしたりの加工が出来ます。


picasa 007
透明と書かれた下側のダイヤルを左右に動かせば濃くしたり薄く調整が出来ます。
ここでは透明度を半分よりも高く(右側に)しています。
加工が終ったら左上の「ライブラリに戻る」をクリック。


picasa 008
ここで上書きボタンを押せば元画像に上書きされます。この画面に移る前に「この画像に変更を適用しますか?」と出る場合は「変更を適用」をクリックしてください。

一度上書きすると元に戻せなくなるので念のためコピーしておいたほうが良いかもしれません。


以下、Picasaでのその他の加工例。
画像はフリー画像では有名な ぱくたそ/PAKUTASO さんから。
写真素材・商用無料(フリー)のぱくたそ/PAKUTASO


画像の明るさ調整


明るさ調整前 明るさ調整後-300
左が明るさ調整前で右が明るさ調整を施したもの。
明るさの調整は画像加工では基本中の基本ですが、曇りと晴れぐらいの差が出ます。


色の調整 モノクロとセピア


【よ】夜はまだまだ長いよ
以下、元画像は上の画像。タイトルは 「 【よ】夜はまだまだ長いよ 」 です。
二人ともいい表情しています。

モノクロ セピア
左がモノクロ、右がセピア。
セピアは懐かしい感じになりますね。


画像にモザイクをかける


モザイク-b
モザイクをかけると違う印象になりますね...

またモザイクに似たもので以下のようなものも。

ソフトフォーカス 焦点を拡大
左がソフトフォーカス。右が焦点を拡大。
共に右のモデルさんの顔に焦点を当てていますが、憎たらしい笑顔がより強調されていますw


イラスト、漫画風に加工


スケッチ ポスタライズ
左がスケッチ、右がポスタライズ。なかなか面白いです。


ネオンとフィルムグレイン


ネオン フィルムグレイン
左がネオン。右がフィルムグレイン。
ネオンのほうはネオンサインみたいというか訳が分からなくなっていますが、右のフィルムグレインのほうは砂嵐みたくなっており、貞子が出てきそうな雰囲気。


ここに掲載した例以外にもいろいろと加工が出来るので無料の画像加工ソフトをお探しの方は使い方も簡単なPicasaを一度使ってみてはいかが。


最終更新日 2014年6月20日


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。