定形外郵便の送り方、料金、サイズ

定形外郵便とは


はがきや手紙など、定形郵便を超える大きさ・重さのものは定形外となります。
定形外自体に追跡番号や補償はありませんが、速達や特定記録、簡易書留を付けることができて、軽量な物ならゆうパックやレターパックよりも格安で送る事が可能。
私もよく定形外を利用しますが、オークションを利用する方はよく使う発送方法ではないかと思います。


定形外郵便の料金とオプションサービス


定形外の料金体系は以下の通り。

重さ料金
50gまで120円
100gまで140円
150gまで205円
250gまで250円
500gまで400円
1kgまで600円
2kgまで870円
4kgまで1,180円

*重さが50g以内でいわゆる普通の封筒(9cm×14cm以下)で送るなら定形郵便 92円(25g以上50g以内)で送れますが、封筒の大きさがそれ以上(角型3号等)だったり、厚さが1cm以上になると、重さが50g以内であっても定形外になります。

定形外に付けられる主なオプションサービスは以下の通り。
(上記料金に下記料金を足した合計金額が支払額)

速達 250gまで +280円、1kgまで +380円、1kg以上 +650円
特定記録 +160円
簡易書留 +310円
一般書留 +430円


*2017年6月より定形外郵便の料金及び送ることが出来るサイズが変更になります。


定形外の重さ、サイズ・大きさの規定


定形外は封筒に限らず箱で出すことも出来ますが、重さ及び大きさは以下の通りとなっています。
なお、大きさと重さがあるなら定形外よりも配達スピードも速いゆうパックのほうが安くなる場合があります。目安としては500g以上の物を送る時はゆうパックと比較をしたほうが間違いないです。
(ゆうパックの料金確認はこちらのページから。持込の場合は表示されている価格から100円引きになります)

・定形外で送れる重さ
4kgまで

・最大サイズ
幅・長さ・高さの合計が90cm以内で、最も長い辺が60cmまで

定形外 サイズ


例えば左の絵で3辺が90cm以内に収まっていても、Aが60cm以上あると定形外では送れません。


・最小サイズ
円筒状の物なら、直径3cm以上、長さは14cm以上。また、9cm × 14cm以下の物は定形外に出来ませんが(定型になる)、6cm × 12cm以上で耐久力のある厚紙または布製の宛名を付ければ定型外とすることが出来ます。(このページの「●特例」の項参照)

定形外 円筒

円筒状で送れる最小サイズは左の絵のような感じ。

なお、定形外で送る際の梱包材(封筒や箱等)の規定は特になく、切手が貼れて、宛名が書かれていれば問題ないので、例えばスリッパにそのまま(ビニール袋に入れたりの一切の梱包をせずに文字通りそのままでも)送り先と差出人の住所・氏名等をきちんと書いて料金分の切手を貼るか精算すれば送れます。


宛名の書き方、送り方


定形外の宛名の書き方自体ははがきや手紙と同じく相手の郵便番号、住所、氏名を表面に記入し、差出人(自分)のそれも記載するだけなのでここでは省きます。
送り方はポストに投函できる大きさなら送料分の切手を貼付してポストへ投函、ポストに入らない大きさなら郵便局の窓口から差し出します。

定形外で送る場合の例
定形外 封筒で送る 定形外 箱で送る
左はB5判サイズの角型3号封筒、右はダンボール箱で出す場合のイメージ画像。
重さ、サイズ・大きさの規定の項で書いた通り、定形外は封筒でも箱でも送れます。
但し、ダンボール箱に入れて送るような場合ではゆうパックのほうが安くなりそうな気はします。ケースバイケースですね。

スリッパを送る ティッシュを送る
こんな風にして送る人はあまりいないと思いますが、定形外では封筒や箱等に梱包しなくても、上のように物自体に宛名を記し(差出人の連絡先も記入のこと)、切手を貼るスペースがあれば送る事が可能。(私はスリッパ等をこのようにして送ったことはありませんが、テレビでこんな風に送っている人を実際に見た事がある)
ちょっと極端でティッシュに至っては我ながらどうかと思いましたが。
ちなみに宛名書きはプリンターを持っているなら宛名シールを使うとかなり手間が省けます。


定形外の配達日数


定形外の配達日数は、はがきや手紙といった定形郵便に準じます。
通常、同じ都道府県内であれば差し出した翌日には相手に配達されますが、速達といった特殊取扱ではないため、1~2日の遅れが生じる事もあります。(私の経験で言えば、距離的にも2日ぐらいで届くと思っていた物が1週間ぐらい掛かったこともありました。)
*ポスト投函の場合、夜間などポストに回収する時間を過ぎて投函した物は翌日扱いになります。
(例)2月2日の夜間なら、翌々日の2月4日には通常、配達されます。(誤区分がなければ)
*定形外郵便の日曜・祝日の配達はやっていません。(速達や書留とされたものは日曜・祝日でも配達されます)


定形外郵便が届かない!不着または紛失時の補償


届かない(不着や紛失)、または中身の破損があっても定形外では一切補償されません。
貴重品を送る際は書留を付けるかゆうパックがおすすめ。(ちなみにレターパックに補償はない)
窓口から送る場合は、ほぼ必ず特定記録や書留を薦めてきますからね。

参考リンク
郵便物等が届かないなどの調査のお申出


定形外の追跡


定形外自体は追跡出来ません。
追跡したいのであれば特定記録や書留といったオプションを付けるか、定形外ではなくレターパック等、その他の発送方法がおすすめです。


*2017年6月より定形外郵便の料金及び送ることが出来るサイズが変更になります。
料金等変更間近になったら記事内容も更新しようと思っていますが、今と比べるとちょっと複雑になる感じ。


関連記事
簡易・一般書留、特定記録 封筒の書き方、出し方
速達郵便の書き方、出し方、料金


最終更新日 2017年3月30日


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。