ブログやオークションでの写真(画像)の無断転用・著作権について

撮影

ブログを書いたりオークションを利用していると、自分で購入した物について書く時(オークションだと出品)にメーカーの写真(画像)を使いたいと考えたことは誰でもあると思います。

私もあるメーカーのカタログに掲載されていた写真が、私の運営するあるサイトのイメージにこれ以上ないほど合致していたため、直接そのメーカー(世界的な大企業でした)にダメ元で問い合わせたことがあります。
結論から言うと断られたのですが、以下のような回答を頂きました。

弊社のカタログやWEBサイト、その他パンフレットや広告に掲載している写真は、目的・用途・使用範囲などを明確にしたカメラマンとの契約が、広告代理店を通して結ばれており、カメラマンの権利が保護されているため、弊社におきましても本来の使用範囲以外での使用はできません。
そのため、申し訳ございませんが、このような著作権の問題により、画像のご提供は行なっておりません。
なお、ご自身で撮影された写真等につきましては、基本的に個別に申し立てを行なうことはございません。
ご参考にしていただけましたら幸いに存じます。


上の回答を見て頂ければ分かるかと思いますが、そのメーカーのカタログなどの画像(写真)であっても著作権自体はメーカーではなくカメラマンにあり、例えカタログを出しているメーカー自体であっても契約以外の用途に勝手に使うことは出来ないと書いてあります。
メーカーにも制約があるのは意外でしたが、カメラマンの権利を尊重している(守られている)のが良く分かります。
また、「ご自身で撮影された写真等につきましては、基本的に個別に申し立てを行なうことはございません」とあるので自分で撮った写真を「コレ買いました!」って感じでブログなどに掲載する場合は問題ないようです。
*但し、これはそのメーカーによって違う場合もあるかもしれませんし(多くの場合は問題ないと思いますが)自分で撮ったとしても肖像権が絡んでくると変わってくると思います。


さて、ヤフオクなどオークションの場合はどうかを考えましたが、以前、Yahoo!オークション内にあったニュースレターというページにピッタリな記事があったのでそのリンクを掲載しました。
Yahoo!オークション法律相談室 他人の商品画像を使ったらダメ?

詳しい内容についてここでは省きますが、結論としてはプロ・アマ問わず撮影した写真は著作権で保護されており、例えば私のような素人が撮影した画像(写真)であっても他人が無断で使用すると著作権侵害となり、それが裁判で認められると3年以下の懲役か300万円以下の罰金となります。
ただ、実際に裁判までするかと言えば、私の場合はさすがにそこまではしませんでした。
「私の場合は~」と書きましたが、私が撮影した写真を無断転用されたことがあります。
私のような素人が撮影した写真でも著作権は認められると知ってはいましたが、裁判となると面倒ですし、さすがにそこまではいいかなって思ったので、とりあえずその出品者に指摘したところ、その出品物を取り下げたのでそれで終りました。(ただ、その出品者は「取り下げればいいんだろ!」的な捨て台詞を吐いたので余計腹が立ちましたが)

オークションのような場合、写真を撮るのが面倒で他の人が撮った写真を 「お!これキレイに撮れてんな。使っても問題ないだろ?どうせ、裁判なんか起さないだろうし」 ぐらいの考えの方もいるかもしれません。
私の場合は腹が立ったものの指摘するぐらいでしたが、世の中にはホントにいろいろな人がいるので 人によっては無断転用された怒りのパワーで裁判までするかもしれません。
また企業などオークションストアが出品している場合は、お金を掛けてカメラマンに依頼して写真を撮影していると思われるところもあるので、そのようなところからすれば無断転用されるのは相当腹立たしい事だと思います。


無断で写真を転用された時は取り合えず、相手にその旨を告げれば多くの場合は止めると思うのでヤフオクであれば質問欄、ブログやサイトであればコメント欄やメールフォームなどから連絡すれば良いと思います。

ネットで調べると公益社団法人 日本写真家協会のホームページに分かり易く、詳しく書いてありました。
公益社団法人 日本写真家協会 写真著作権と肖像権

また、画像に文字を入れるのも効果があります。よければ以下の記事もご覧下さい。
写真(画像)に文字を入れるのに役に立つPicasaの使い方*提供終了


関連する記事
ヤフオクの出品画像の著作権は出品者にはないようだ。変な話だけど。

関連する外部記事
「本当に腹が立った」まとめサイトを“劇薬”をもって制す、『アサヒカメラ』編集長の怒りと悲しみ


最終更新日 2017年1月26日


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。