海外郵便・小物の発送 国際eパケット

日本郵便が4月1日からサービスをスタートさせた「国際eパケット」。
名前だけ聞くと良く分かりませんが、小形包装物に書留がセットになった商品で送料も安くなっています。
具体的な送料を小形包装物+書留との比較で書くと以下の通りです。(1kgの場合)

 アジア 小形包装物+書留=1,860円、 国際eパケット=1,480円、 -380円 20.4%割引
 北米・ヨーロッパ等 小形包装物+書留=2,270、円 国際eパケット=1,985円、 -285円 12.55%割引
 南米・アフリカ 小形包装物+書留=2,860円、 国際eパケット=2,575円、 -285円 9.96%割引

日本郵便の国際eパケット料金表 で調べたところ、50gまでは 国際eパケット を使わない場合と同料金で、割引率は1kgの物を送る場合が最も高くなっています。(1kgを超えると残念ながら割引率は下がっていきます。)

また、この国際eパケットは別途 割引サービス も適用されるため、1kgの品物でアジアなどの第1地帯に送る場合で最大140円の割引が適用されたとすると、合計520円(27.95%OFF!1件あたり)も安く出来ます。
(但し、この140円割引を適用させるのは個人ではまず無理だと思います。興味のある方はこの記事の下の方にある「割引サービスについて」をご覧下さい)

海外への発送頻度が高ければ見逃せないサービスですが、利用するには「国際郵便マイページサービス」へ登録が必要で、この国際郵便マイページサービスから専用の送り状を作成・印刷し、「専用パウチ」と呼ばれる専用のビニール袋に伝票を入れて発送する必要があります。
この「専用パウチ」は今のところ国際郵便マイページサービスにログイン後のページからしか請求できないので(郵便局の窓口には置いていない)前もって送ってもらう必要があります。
また、この専用パウチの請求は1度に50枚までで、1ヵ月にご請求できる枚数は 150 枚となっており、発送されるまでに約2営業日掛かるとのことなので若干面倒というか事前の準備が必要です。

参考
国際eパケットラベル(インボイス・税関告知書等を除きます。)と専用パウチの見本

  
パウチを頼むと右のような封筒に入れられて郵送されます。
右がその専用パウチ。大きさが H 180 × W 240 ミリあるのでこれよりも小さい箱だとはみ出ます。


実際に私自身も使ってみましたが使い勝手は悪くなく、割引を考慮すると海外への発送が多いのであればぜひ使うべきサービスだと感じました。
しかし、最大の難点は入力したデータ(送り状)をプリントアウトするのでプリンターがないと使えません。
ところが!そんな方のために(なんか通販番組みたいな言い回しになってしまいましたが)富士ゼロックスがサービス展開している ネットプリント を使えばセブンイレブンのコピー機からプリントアウト出来ます。(有料)
このネットプリント、私も以前1度だけ使ったことがありますが、操作はそんなに難しくありません。
プリンターの利用頻度が低かったり、買うほどでもないと考えているのであれば、このようなサービスを使ってみるのも良いかもしれません。

関連記事
ebay 国際eパケット 登録・入力・印刷方法
小形包装物(航空便、SAL便、船便)、国際eパケット 料金比較表


◎割引サービスについて
この「国際eパケット」は各種割引サービスも併用できるので1件あたり最大で140円が更に割引されます。
但し、この最大140円割引をゲットするには以下の割引条件を満たす必要があります。

参考 国際e パケットの料金表の割引制度 (このリンクの下段"2 割引制度"ご覧下さい)
※区分割引及び集配支店等差出割引は、1回の差出通数が50通以上としたもの。
※料金別納、料金計器別納または料金後納としたもの。

これら条件を満たして始めて以下の割引が適用されます。
最大140円割引の内訳
 月間5,000通以上発送 100円引き (これはハードルが高い)
 区分割引 20円引き
 集配支店等差出割 20円引き

140円の値引きは魅力ですが、上の月間5,000通というのは個人では無理だと思います。

ハードルを下げて同時差出割引の場合で見ると「1度に10通以上で 40円引き」は適用される方も多くなると思いますが、「区分割引及び集配支店等差出割引は、1回の差出通数が50通以上としたものが対象です。」とあるので「区分割引 20円引き」と「集配支店等差出割 20円引き」は「1度に10通以上」だと適用されません。

これら割引サービスを考えているのであれば何れにせよ料金後納は必須です。
料金後納については 日本郵便のコチラのページ をご覧下さい。


関連記事
この記事へのコメント

管理人のみ通知 :


*「投稿する」ボタンを押した先にメールアドレスを入れる項目がありますが、メールでの返答はしていません。