ゆうメールの料金、日数、送り方

ゆうメールは信書(手紙や納品書、請求書ほか)以外の冊子や電磁的記録媒体(CDやDVD等)を送る際に使える発送方法のひとつで定形外よりもが安くなっています。また、条件を満たせば特別料金が適用され(特約ゆうメール)、更に安く送ることも可能。(特別料金についてはこちらを参照)ちなみに信書以外を送る方法としては他に佐川急便の飛脚メール便といったサービスもあります。*2017年6月1日からの料金等の改定により定形外郵...

続きを読む

定形外郵便の送り方、料金、サイズ

定形外郵便とは定形郵便を超える大きさ・重さのものは定形外となります。定形外自体に追跡番号や補償はありませんが、速達や特定記録、簡易書留を付けることができて、軽量な物ならゆうパックやレターパックよりも格安で送る事が可能。私もよく定形外を利用しますが、オークションを利用する方はよく使う発送方法ではないかと思います。*2017年6月1日からの料金等の改定で定形外郵便は規格内・規格外の2種類の料金体系となり、こ...

続きを読む

簡易書留、一般書留、特定記録の出し方、料金

今回は書留(簡易・一般)、特定記録の封筒の料金、出し方について。簡易・一般書留、特定記録は手紙に限らず、定形外、ゆうメールにも付ける事が出来るオプションサービス。一般書留は送達内容が詳細に記録され、損害要償額も最大500万円までとなっているので高額な物を送るのに適しています。(会社関係だと手形の送付に利用するケースも多いと思います)また簡易書留と特定記録は利用頻度が高いオプションサービスではないかと...

続きを読む

日本郵便、消費税増税に伴い一部を除き郵便料金を値上げへ

以前から消費税増税による郵便料金の値上げについて報道されていましたが、本日、日本郵便から新しい料金体系が正式に公表されました。(2014年4月1日(火)から変更)日本郵便が扱う発送方法のほぼ全てが値上げの対象で概ね2.5%~4%の値上げとなります。*EMS、エアメールといった国際郵便は一部を除き消費税率改定による値上げはありません。 日本郵便 郵便料金の変更認可申請及び変更届出等 別紙 1 現行料金と新料金 別添 ...

続きを読む

平成26年(2014年)用の年賀はがき販売開始

販売期間 平成25年11月1日~平成26年1月10日まで11月に入ると師走に近づいていることもあって師走感というか忙しくなってくる感じがありますが、個人的には年末・年明けといえば年賀状の季節だなと感じます。今年も来年用の年賀はがきの販売が11月1日から開始されテレビ等でも報道されましたが、今年からは年賀はがきの小さなお楽しみであるお年玉賞品が家電などから現金に変更されました。私は切手シートしか当たったことがあり...

続きを読む

配達時間帯指定郵便の料金、伝票の書き方、送り方

今回は2013年10月1日からサービスが開始された配達時間帯指定郵便について。配達時間帯指定郵便とは翌朝10時便が廃止されるのに伴い登場した配達時間帯の指定が出来るサービス。名前のままです。おおまかな内容は以下の通り。1.普通(定型・定型外)でも配達時間帯(あくまでも"帯")の指定が出来る。2.お問い合わせ番号が付くので、追跡が出来る。(個別番号検索のリンク)3.書留(一般書留)や現金書留とすることも出来る。(...

続きを読む

郵便局の私書箱の開設・申込方法 書類の書き方、送り方

私書箱とは私書箱は郵便局に設置された郵便物を受け取るための専用のロッカー状の受箱。(上の画像)(ここでは郵便局の私書箱について書いていますが、佐川急便などその他の会社でも私書箱サービスを行っている)全ての郵便局にある訳ではなく、ゆうゆう窓口があるような大きな郵便局に設置されています。郵便局に行った際に鍵の付いた小型のロッカーのようなものがずらっと並んでいるのを見たことがある方もいるかと思いますが、...

続きを読む

日本郵便が高齢者向けサービス(安否確認や買い物代行)を開始

本日の読売新聞朝刊の一面に日本郵便が高齢者向けサービスを開始するという記事が掲載されていました。オンライン版 読売新聞 YOMIURI ONLINE 日本郵便が高齢者事業、安否報告や買い物代行記事によれば郵便局の方が高齢者世帯を訪問して暮らしぶりを確認したり、買い物代行を行う事業を10月から一部地域の郵便局から開始し、将来的にはこの高齢者向け事業を日本郵政グループの日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命に続く4番目の...

続きを読む

身に覚えのない代金引換の荷物が届いた... 送りつけ商法の被害急増中

本日の読売新聞朝刊の一面にこんな記事がありました。 「送りつけ」商法 被害拡大 「代金引換」悪用 半年で421件 オンライン版 読売新聞 YOMIURI ONLINE 「送りつけ」商法の被害急増、代金引換を悪用し *補足 送りつけ商法とは 注文していない商品を一方的に送りつけ、代金を請求すること。押しつけ商法ともいう。 断っても送りつけてきたり、電話で罵倒や暴言を吐かれ、弁護士協会を名乗って訴えると言われることも。内...

続きを読む

NEXT≫
HOME